護符・霊符の情報を日本一網羅したサイト!

どこの護符が良いの?

護符を選ぶときは宗派、流派などで選ばない!

 

管理人もそうでしたが、
ついつい護符を選ぶときは有名な宗派、流派などで選んでいましたが、
実はそれよりも大切なことがあります。

 

それは護符を書いてくれる人がどれだけ力量があるか

 

ということです。

 

例えば陰陽道で有名な宗派で頼んだとしても、
護符を書いてくれる人に念を込める力がなかったら、、
意味がありませんよね、、

 

それなら自分で書いたほうがマシかもしれません(笑)
(自分で書くことはおすすめしませんよ!)

 

ですから宗派や流派よりも、
護符を書いてくれる人に力があるのか?

 

これは護符を選ぶ上では大切なこととなります。

護符を書いてくれる人に力があるかがわかる方法

 

護符を書いてくれる人に力があるかどうかわかる方法、
これはハッキリいいますと・・・

 

わかりません(汗)

 

というのは言い過ぎですが、
初めて買うところだと全くもってわかりません。

 

だって「効力がない」なんて、書いているところはないでしょうからね(笑)

 

ただ経験上、必要以上に、
護符の購入を迫るところは避けた方が良いと思います。

 

例えば、

 

「うちの護符でなければ絶対に願いは叶わない」
「今うちで護符を作らなければ不幸が起きる」

 

などなど・・・
こういった脅迫じみたことをいってくるところは避けた方が無難です。

 

あとは護符の購入を迫るだけではなく、
護符と一緒に色々なものを買う様に迫ってくるところです、、

 

いわゆる抱き合わせ販売してくるところも避けましょう(汗)

 

 

あれやこれと他の商品を売りつけてくるところは要注意!

 

護符だけを買うつもりだったのに・・・
「護符の本当の効力が発揮するためにはこのお皿が必要です!」
などといって、他の商品を抱き合わせで販売してくるところがあります、、(苦笑)

 

でもこれって・・・
「うちの護符には力がない」といっているようなものですよね(苦笑)

 

またこれは悪徳な霊感商法の可能性もありますよね(汗)

 

そもそも護符だけでは効力が発揮できない護符なんかは、
他の商品を買ったところで・・・効力は期待できない!
といっても過言ではないでしょう。

 

本当に効力のある(力のある)護符であれば、
護符だけでも十分効力を発揮するものです。

 

また今では悪徳霊感商法で被害にあったかどうかは、
ネットで調べるとわかります。

 

もし買おうとしているところが大丈夫なのか不安であれば、
ネットで検索してみるのもよいでしょうね。

護符は手書きでかかれたものがおすすめ!

 

これは完全に管理人の持論ですが、
護符は手書きで書かれたものが良いですね!

 

ですので、護符が印刷されたものなどは効果が薄いと感じています。

 

これは護符が、依頼者一人一人の思いをより強めるためのもので、
一枚一枚念を込めて作るものであり、込める念も異なってくるものだからです。

 

印刷などで大量生産するようなものではありません、、

 

また念を封入するためには、
実際に手書きでないと難しいものであるとも言われています。

 

例えば、自身の穢れや罪を払う「大祓」などでも、
名前や生年月日を直筆します。

 

身代わりさま人形

↑「大祓」の儀式に使う「身代わりさま人形」には直筆で書きます

 

大祓いの儀式とは、「身代わりさま人形」に、
穢れや罪を移すことで災厄を払うといった儀式です。

 

そして、穢れや罪を「身代わりさま人形」に移すために、
本人が直筆で書きます。

 

実はこれ、護符においても非常に重要なことなんです。

 

効力のある護符を作成するためには、
依頼者の願いが叶えるためにも、護符が最大限に効力を発揮させることができるように、
作成者の念を護符に込める必要があります。

 

そして護符一枚一枚に念を込める為の手段として、
手書きで護符を作成することが効力のある護符を作成するポイントになるんです。

 

ですから護符もあなたのために、
手書きしてくれるところの護符が良いわけです。

 

それともう一つ大切なことは、
願いを叶えるためにマッチした護符を作ってくれるかどうかです。

 

そのため、護符を手に入れるのであれば、
取り扱っている護符の種類が豊富であることも大切なんですね!

 

 

<<< 「護符とは

護符の種類」 >>>